西島悠也はかしいかえん シルバニアガーデン好き

西島悠也のシルバニアガーデン巡り

 

西島悠也|福岡の遊園地と言えばやっぱりかしいかえん シルバニアガーデン!

 

全長90mあるバラのトンネルを見ることができる。どちらかといえば、家族連れや小さな子供向けの遊園地の『かしいかえんシルバニアガーデン』

 

西島悠也は『かしいかえんシルバニアガーデン』の大ファンまずは歴史から

 

1938年(昭和13年)に当時の博多湾鉄道汽船が「香椎チューリップ園」として開園した。太平洋戦争中に閉鎖され従業員の食糧自給のための農園に転用されたが、1956年(昭和31年)に「香椎花園」として改めて開園した。

 

1986年度の56万8000人をピークに年間入場者数の減少が続き2007年度には24万4000人まで減少し、2000年代の収支は年間約1億円の赤字で推移していた。このため、てこ入れ策として2008年(平成20年)12月31日から2009年(平成21年)3月6日まで休園して改装工事を実施し、翌3月7日から、新しく『かしいかえんシルバニアガーデン』としてリニューアルオープンした。

 

そんな『かしいかえんシルバニアガーデン』の魅力を徹底的にお伝えします。